港南JAZZフェスティバル2010

横濱JAZZプロムナード関連イベント

HOME > History > 港南JAZZフェスティバル2010

2010.9.20

H230920-01.JPG

 毎年恒例のプロ&アマ夢の競演(フィナーレ)のステージは、吹奏楽と合唱のコラボレーションです。曲目は、「翼をください」。
 2曲目は、和泉宏隆 作曲「宝島」。打楽器奏者の方々はもちろんのこと、急遽、山田拓児クインテットの皆さんも一緒に演奏してくださいました。

横浜市立日野南中学校 吹奏楽部

H230920-02.JPG こんにちは。日野南中学校は港南台駅から徒歩10分にありながら、緑に囲まれた穏やかな学校です。全校生徒は約500名、そのうち吹奏楽部は36名、顧問を含め“女の子”だけで活動しています。毎日の活動は、“女の子”の可愛らしさや音楽という素敵なイメージ…とはかけ離れ、冷房の無い音楽室で、汗臭く、時に泥臭く練習を重ねています。縁あって、このジャズフェスティバルに出演させていただくのも今回で3回目となりました。毎回、プロの方々とのセッションという貴重な体験に感謝してきましたが、「ジャズ」という響きに尻込みをして、過去2回ともジャズ演奏を避けてきた私たち。「やっぱり、それじゃあもったいない!!」。せっかくのジャズフェスティバル、今回は思い切ってジャズに初挑戦することにしました。さらにロックナンバーに加え、合唱つきの合同合奏も初挑戦。新しい発見は練習に取り入れ、噂を聞いては合同練習…修行を続ける日野南にとって、今日はまた一歩成長する機会になりそうです。まだまだ拙い演奏ではありますが、持ち前のチャレンジ精神で、元気な演奏をお届けしたいと思います。

横浜市立野庭中学校 吹奏楽部

H230920-03.JPG≪プロフィール≫
昭和52年に榊原義将教諭によって創設され、以来様々な吹奏楽コンクールで優秀な成績を残してきました。昭和62年には、顧問に玉石文夫教諭が着任。ジャズの演奏を採り入れました。平成11年4月には、大庭一修教諭が着任、平成18年4月に、白根圭偉子教諭が引き継ぎ、今年の第11回横浜吹奏楽コンクールでは金賞を受賞、第59回神奈川県吹奏楽コンクールでは銀賞を受賞。3月下旬には港南公会堂で、第27回定期演奏会開催を予定しています。
≪メッセージ≫
『港南JAZZフェスティバル』に初参加の野庭中学校吹奏楽部です。
私たちは、平日は個人練習やパート練習を中心に、休日は合奏練習を中心として、毎日のように活動しています。数年前には、吹奏楽部存続の危機にも直面しましたが、今年度も、野庭中学校で一番部員数の多い吹奏楽部に成長することができました。来月の文化祭で、仮引退となってしまう17人の3年生と一緒に演奏できるのも残りわずかです。先輩方の想いも乗せながら、心を込めて演奏させていただきます。これからも野庭中学校吹奏楽部をよろしくお願いいたします!!

東京トンチンカン

H230920-04.JPG 2006年川口佳楠、富田真由香、古川玄一郎により結成されたマリンバトリオ。メンバーそれぞれが洗足学園音楽大学を卒業。1台のマリンバに3人が配置されるというユニークな編成で、レパートリーはクラシックから映画音楽、懐メロ、文部科学省唱歌まで幅広い。メンバーの手掛ける個性的な編曲、演奏パフォーマンス、軽妙なMC…「東京トンチンカン」のステージは老若男女問わず誰もが楽しめるエンターテイメントといえるだろう。普段はオーケストラでの演奏や、音楽大学・専門学校の講師等、個々の活動も多い3人だが、今後は老人ホームでの演奏や様々なイベントへの出演、さらに「おばあちゃんの原宿」として有名な東京・巣鴨での路上ライブ等、多種多様の活動展開を計画中。

山田拓児クインテット

H230920-05.JPG横濱JAZZプロムナード2009コンペティション部門
グランプリ受賞グループ


山田拓児(A.Sax),谷殿明良(Tp)
田窪寛之(Pf),本川徒悠平(B),倉田大輔(Ds)

Groove Sonic(平川象士・Zak Bond)

H230920-06.JPG ドラム演奏にビジュアル(スティック・トリック)を加え、視覚的にも楽しいパーカッションチーム。超絶技巧のスティックワークのみならず、完璧なまでのユニゾンやユーモア加えたパフォーマンスは、見るものに驚きと感動を与える。これまでに、ヤマハDTXエレクトリックフェアやジャパンパーカッションフェスティバルでの演奏の他、様々なイベントでゲスト演奏を行ない、また、スティックトリック・クリニックと題して、ドラムにトリックプレイを交えた参加型の楽しい講座も開催している。

H230920-07.JPG

milk_btn_pagetop.png

合同練習

H230919-07.JPG

2010.9.4 横浜市立野庭中学校

 合同練習初日。午前中は、パートごとに分かれて練習をしました。最初は、初対面同士で緊張している表情も見受けられましたが、昼食の時間から雰囲気も和らいできました。
H230904-01.JPGH230904-02.JPGH230904-03.JPG

2011.9.14 横浜市立野庭中学校

H230919-01.JPGH230919-02.JPGH230919-03.JPG
 合同練習2日目。午前中は、午後のクリニックに備えて合奏練習を行いました。
 午後、ドラマーの平川象士さんをお迎えして、クリニックを受けました。パーカッションの部屋で、生徒一人一人にアドバイスをしてくださいました。時には、黒板を使って丁寧に説明をしたり、自ら模範演奏を披露してくださったり、とても有意義な時間でした。
 午後の合奏練習には、平川象士(ds)さんにも加わっていただきました。「リズムが安定していると、管楽器の人たちは合わせやすいよね」と顧問の先生の言葉に頷く生徒たち。演奏後は、自然と歓声と拍手が起こりました。
 当初の予定では、クリニックはここまでだったのですが、急遽、各学校の単独演奏の練習が行われました。その際も平川象士(ds)さんが模範演奏を披露してくださいました。プロミュージシャンの演奏中の姿を間近で見る機会はなかなかありません。貴重なお時間をありがとうございました!!
H230919-04.JPGH230919-05.JPGH230919-06.JPG

関連リンクなどLinkIcon