横濱JAZZプロムナード関連イベント

「子どもたちによる 子どもたちのためのジャズフェス」

○なぜ「ジャズ」なのか…

・「ジャズ」はコード進行というルールの基で、演奏者の自由な発想により彩られるアドリブの世界です。このジャズの魅力(要素)を子どもたちに伝え、子どもたちの個性を引き出したいのです。そして、指示を待ち行動するのではなく、自ら考え発信する能力を養うことに貢献出来れば幸いです。
・「ジャズ」を広い視野で捉え、音楽ジャンルや演奏スタイルなどに枠を設けず、音楽を幅広く楽しむイベントにしたいのです。子どもたちを“型”にはめるのではなく、個性を尊重しつつも1つの舞台を作り上げる喜びを参加者(出演者、来場者)のみなさんと分かち合いたいのです。

○クリニックによる演奏技術向上

音楽業界の第一線で活躍するプロミュージシャンを招き、楽器を演奏する上で必要な知識や技術の向上を図ります。ジャズの特長の一つであるアドリブのノウハウを体験的に学び、子どもたちの表現力の幅を広げます。

○音楽を通じて交流を深める

異なる学校の生徒同士や社会人など、多くの人々との交流の場をつくります。学校の枠を超えパートごとに交流を深め、日頃の人間関係とは異なる環境において練習の難しさを改めて知り、課題解決に向けて自ら考え協調性を育みながら主体的に判断・行動する力を育てます。

○プロとアマの夢の共演(成果の発表)

「舞台」「音響」「照明」各分野のプロスタッフが作り出すステージ環境の中で、楽器クリニックや合同練習の成果を発表します。また、プロミュージシャンと競演するという非日常的な体験を通じて、改めて自分を知り、自分らしさを表現する力を育てます。自分自身の発表が、多くの聴衆からの拍手や声援によって自尊感情や自己肯定感に繋がれば幸いです。